長持ちさせるにはどうすればいい?機械式時計の保管方法


磁気を発生するものから避ける

磁器は、機械式時計を狂わせてしまう可能性がある危険なもののひとつです。機械式時計は精緻な構造が美しくて魅力的ですが、このたくさんの部品からなる構造は、磁気の影響を受けて故障してしまうリスクがあります。せっかくの時計がくるってしまうと残念ですよね。テレビやスマホ、電子レンジなどから離れた場所に保管してください。

高温多湿の環境から離す

機械式時計の一つ一つの部品は、金属によってつくられています。光沢もあり美しいのですが、これらの金属部品は気温の変化によって膨張・収縮する可能性もあるので注意が必要となります。膨張・収縮してしまった部品が無理に動いていくと、内部の構造を傷つけてしまい使いもオンにならなくなってしまいかねません。温度が一定の場所に保管するようにしてくださいね。

直射日光を避けて保管する

機械式時計は、高価なものが多く、デザイン性も優れています。この美しいデザインが損なわれてしまっては魅力も半減してしまいますよね。そのような事態を防ぐためにも、直射日光の当たる場所での保管は避けてください。直射日光を当てると、劣化、色あせの原因となってしまいます。レザーベルトなどは、劣化してボロボロになってしまうと、取り換えなければならないでしょう。

ワインディングマシンを活用する

自動巻きの機械式時計は、一定期間動かさないとぜんまいがまかれないので止まってしまいます。保管している間も正しく動くようにしておきたいのならば、ワインディングマシンを活用するとよいでしょう。ワインディングマシンとは、振動を与えて、ぜんまいを巻いてくれるマシンです。デザインも様々なので、物によってはインテリアにも最適ですよ。

グランドセイコーとはセイコーが販売している高級腕時計のことです。その精密さや洗練されたデザインで人気を集めています。