電子タバコもマナーが大切?上手に扱って美味しい一服を楽しもう!


電子タバコが紙巻きタバコと同様の扱いを受ける理由

電子タバコはカートリッジに封入されているリキッドを専用の電熱器で加熱させ、発生した蒸気を吸引する嗜好品です。紙巻きタバコの代用品として作られ、健康的でお金の節約にもなるとされて急速に普及しています。しかし、電子タバコは普通の紙巻きタバコと同様にタバコの一種として扱われ、禁煙スペースでは使うことができません。これは電子タバコ用のリキッドにタバコと同じ成分が含まれているためです。電子タバコは本物のタバコの風味を再現するため、タバコの葉を液状に加工した物をリキッドに加えています。そのため、タールやニコチンなどの有害成分が含まれているものもあって、紙巻きタバコと同じ扱いを受けてしまうのです。中にはタバコの成分を一切含んでいないリキッドもありますが、見た目で判断するのは困難です。

上手に電子タバコを楽しむ工夫

電子タバコを上手に楽しむには使用するカートリッジの扱い方が重要なポイントになります。メーカーによってカートリッジの風味が異なるので、好みの一品を選ぶのが長く楽しむコツです。電子タバコは日光や空気中の湿気で劣化する心配が無いので、使用中のカートリッジを付け替えて異なる風味を堪能することもできます。しかし、電子タバコを扱う仕草は紙巻きタバコとほぼ同じなので、他人がいる場所での使用は思わぬ誤解を招くおそれがある可能性は否定できません。電熱器から漏れる蒸気の匂いが周りの人に嫌悪感をもたらすこともあるので、タバコの成分が一切含まれていないカートリッジを使っていても、他人がいる場所では使用を控えるのが大人のマナーと言えます。

vapeは本体が一つあれば、リキッドを購入するだけで、フルーツ系やタバコ系、メンソール系などさまざまな味を楽しめます。