オシャレ度UP!キッチン雑貨を活用しよう


残念なキッチンになってない?!

お客様をお招きすることはあっても、キッチンを見せるのはちょっと恥ずかしい、そんなことありませんか?清潔にしていても物が溢れて雑然としていたり、利便性を重視するあまりに残念な見た目になってしまうことがありますよね。でもキッチン雑貨を少し工夫することで、断然オシャレなキッチンになりますよ!

ガラスや缶の保存容器

購入した食品や調味料などをそのままのパッケージで保存しがちですが、ガラスや缶の保存容器に入れ替える一手間で、ぐんとオシャレに見えます。砂糖、パスタ、ティーバッグなど一度で使い切れないものを、プラスチックの袋のまま置いていませんか?容器の色やテイストを揃えることで、キッチンに統一感がでてすっきりします。また、見映えだけでなく、食品の風味や香りを守り保存状態をよくするという点でもおすすめです。

自然素材のかごやボウル

冷蔵庫に入れない野菜や果物をどう保存していますか?籘などの自然素材のかごに保存すると、まるでインテリアの一部のようになりますよ。ヨーロッパのキッチンでよく見られる風景ですが、何気なく置いているだけでも素敵に見えます。小さめの果物はボウルに、大きめの果物や野菜はかごにと、分け保存するといいかもしれません。光やほこりが気になる方は、ライニング付きや蓋付きのものがおすすめです。

オシャレでハッピーなキッチンに!

キッチンはややもすると、食品置き場と化してしまいがちです。人に見られないとしても、自分がハッピーな気持ちになれる空間になるといいですよね。いろいろなデザインや素材の雑貨があるので、ぜひお気に入りを探して、キッチンのオシャレ度をUPしてみてはいかがでしょうか?

キッチン雑貨は、キッチンで使う調理器具や台所用品という実用性に加え、デザイン性もあり、オシャレな空間を演出する雑貨としての役割ももっている雑貨のことを指します。