メンテナンスに手間はかかるが魅力的な機械式時計!


機械式時計特徴とメンテナンス!

機械式時計は巻き上げられたゼンマイを動力として動く時計です。その内手でゼンマイを巻き上げる必要がある手巻き式タイプと、手巻き式に加えて、腕の動きでゼンマイが自動に巻き上がる自動巻き式タイプの2つがあります。機械式時計はクォーツ式と比較すると長時間使用が出来ません。更に高価な事や衝撃にも弱い事、そしてメンテナンスも必要です。しかし部品の製作がメーカー以外でも出来る為、メンテナンスさえ行えば何十年もの間使い続ける事が出来ます。そしてムーブメントの美しさや針の動き等は機械式時計が1番です。結構手間がかかりますが、ケースや風防、金属製と革製のベルトやこの時計の特徴の機械式ムーブメント等のメンテナンスを行います。

機械式時計イニシャルコストとランニングコスト!

機械式時計は奥が深くて面白い世界です。服や靴と違って置き場所にも困りません。そして趣味性やコレクション性も高いので沢山買い揃える人もいます。この様な人達は機械式時計の魅力にとり憑かれた状態とも言えます。常識的な費用の感覚が麻痺しない様に注意する事も必要です。機械式時計はビンテージなら数万円から購入出来ます。只メンテナンスの中でもオーバーホールにかかる金額は、時計の種類やメーカー、依頼する修理店等により変動します。安くても1回2万円程で高ければ5万円程かかってしまいます。この金額は摩耗等の部品交換や修理費用を除いた金額です。機械式時計はイニシャルコストのみでは無く、かなりのランニングコストもかかります。

ウブロはスイスの高級腕時計のメーカーです。設立は1980年と歴史は浅いですが、エレガントで精巧な作りに人気を博している腕時計です。